災害・緊急時に備えて

emergency

万が一のために備えておく場合とそうでない場合とでは安心感が違います。災害・緊急時に、無事に避難できるように日頃から備えておきましょう。主治医や訪問看護師、地域の保健師などの支援者とも相談しながら、準備を整えておくことが大事です。

災害時の避難行動

  • 大雨・洪水、地震、噴火、大規模な火災などが発生したとき、危険箇所からの退避が必要とされる場合、消防隊員や地域の方などから避難支援を受けることができます。
  • 避難支援を受けるには、市町村に避難行動要支援者として登録してもらう必要があります。
  • 避難行動要支援者とは、高齢者、障がい者、乳幼児などのうち自ら避難することが困難なため、災害避難時に、特に支援を必要とする方々をいいます。

避難行動要支援の対象者や支援内容は市町村によって異なりますので、お住まいの市町村の防災・危機管理担当課に問い合わせてみましょう。

  • 平時の支援例

    日常の声かけ等の見守り、個別の避難支援計画が作成される、避難訓練の実施

  • 災害時の支援例

    消防機関、警察、民生委員、自主防災組織などの避難支援者による避難連絡、避難誘導、安否確認、救助活動

※災害時には、避難支援者による支援(「公助」「共助」)が行われますが、自分自身そしてご家族を守るために防災意識を高め、災害への備えを行い行動すること(「自助」)も重要です。

※災害時だけではなく、困った時には近隣の方やご友人らに協力をお願いすることがあるかもしれませんので、日頃からコミュニケーションをとっておくことをおすすめします。お子さんの状況などもお話になって、困った時に頼れる関係を築いておくとよいでしょう。

 

災害時の避難先

  • 市町村では、緊急避難場所や避難所を指定しています(市町村によっては、ホームページに避難先一覧を掲載しています。)。ご自宅に一番近い指定緊急避難場所や指定避難所を調べて、そこがお子さまにとって無理のない環境であるか確認しましょう。
  • ご自宅から指定緊急避難場所や指定避難所まで、安全に避難できる経路も調べておきましょう。
  • お子さまの状態次第では、医療機関への避難が安全な場合もありますので、状況にあわせた避難先を決めておくとよいでしょう。

指定緊急避難場所

災害が発生するおそれがある時や災害発生時に、その危険から逃れるため緊急的に避難する場所です。災害の種類ごとに指定されています。

指定避難所

災害の危険性があるために避難した方が、災害の危険性がなくなるまで一定期間滞在したり、災害により自宅へ戻れなくなった方が、一時的に滞在することができる施設です。災害の種類と状況によっては開設されないこともありますので、避難に関する情報に注意しましょう。

福祉避難所

指定避難所での生活において、高齢者・障がい児(者)・乳幼児・妊産婦・難病にかかっている方などに対して、市町村が特別な配慮が必要と判断した場合に、二次的避難所として開設します。

 

通信手段

  • 大規模な災害が発生すると、被災地での電話利用が増えることから回線が混雑し、つながりにくくなります。
  • 各通信会社では、被災者の安否確認や避難場所の連絡などが支障なく行われるように固定電話・携帯電話・インターネットによる「災害用伝言サービス」を提供しています。それぞれの利用方法については、下記の参考ホームページをご覧ください。

参考ホームページ

 

医療的ケアに必要な医療材料等の備蓄品確認

  • 避難所での数日の生活を余儀なくされる場合やライフラインが止まってしまった場合などに、非常食・飲料水・懐中電灯・防寒具・現金などの一般的な備蓄品のほか、お子さまに必要な医療材料や医療処置用品、バッテリーなどを、次の「医療的ケアに必要な医療材料等の備蓄品チェックリスト(例)」を参考にしながら、3日~10日間分用意しておきましょう。
  • 備蓄品のほかに、緊急避難用として必要最低限の持出品を、両手がふさがらないリュックなどに入れ、すぐに持ち出せるような場所に置いておくとよいでしょう。
  • 医療材料には使用期限があります。長期保管ができないものは、日常生活で消費しながら備蓄するといったローリングストック法を活用しましょう。
医療的ケアに必要な医療材料等の備蓄品チェックリスト(例)

 

お子さまの緊急時に備えて

  • お子さまの体調悪化や容態に変化があった場合、その対応について主治医や訪問看護師へ相談したり、緊急受診する事態に備えて、お子さまの病名や医療的ケアの状況などを記録しておくと、説明が必要な時に慌てなくてすみます。
  • 必要な処置や関係者間の連絡がスムーズに行われるように、次の「医療情報連絡票(例)」を参考に票を作成し、医療機関に受診時の説明用として提供できるようにしておくとよいでしょう。
  • 医療機関の休日や夜間のために、緊急時の受入先がすんなり決まらないことも想定されます。緊急事態をなるべく避けるために、季節の変わり目や日常のケアについて、気をつけておくことを訪問看護師から教わりましょう。
  • 作成した医療情報連絡票はご家族同士で共有し、誰でもお子さまの緊急時に対応できるように、わかりやすい場所に置いておくことをおすすめします。
医療情報連絡票(例) 
  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ