療育・保育・教育

habilitation-childcare-education
療育・保育・教育
ご家族の介護や地域の医療支援を受けながら、お子さまは月日を重ね成長していきます。
お子さまが成長するにつれ、必要な訓練や教育が受けられる環境を整えることが大事です。
ここでは、お子さまの年齢に応じた療育・保育・教育施設のことについて考えてみましょう。

療育

障がいのあるお子さまが自立していけるように、相談対応、日常生活における基本的動作の指導、発達を促す遊びの提供、集団生活への適応訓練などを行っている施設があります。
未就学のお子さまでもご利用できますので、障がいや発達の遅れについて気になるようでしたら、まずはお住まいの市町村の福祉担当課や保健センターに問い合わせてみましょう。

障害児相談支援事業所

障がいのある方の福祉に関する相談に相談支援専門員が応じ、必要な情報の提供や助言、福祉サービスを利用するための障害児支援利用計画作成などを行う施設です。

障害児通所支援事業所

障害児通所支援事業所は、提供する福祉サービスによって形態が様々です。主には、次のような通所支援事業所があります。利用するためには、障害児相談支援事業所による障害児支援利用計画の作成やお住まいの市町村が発行する受給者証が必要になります。

児童発達支援事業所

未就学の障がい児が利用できます。日常生活における基本的な動作・知識・技能を教え、集団生活に適応できるように訓練などを行う施設です。

放課後等デイサービス事業所

就学している障がい児が利用できます。放課後や夏休みなどの長期休暇中に、生活能力向上のための訓練や創作的活動、地域交流などを行う施設です。

保育所等訪問支援事業所

障害児が利用できます。障害児の通う保育所や学校などを訪問し,障害児以外の児童との集団生活に適応するための支援を行うサービスです。

居宅訪問型児童発達支援事業所

外出が困難な重度の障害児が利用できます。障害児の居宅を訪問し,日常生活における基礎的な動作・知識・技能を教える支援を行うサービスです。

医療機関・福祉施設では、医療的ケアが必要なお子さまに対応している障害児相談支援事業所や障害児通所支援事業所を探すことができます。(医療的ケアの内容によっては、対応できない障害児通所支援事業所があります。)

医療機関・福祉施設

障害児等療育支援事業所

県の委託を受けて、在宅の重症心身障害・知的障害・身体障害・発達障害やこれらの障がいの疑いのある方に関するご家族からの療育相談に応じたり、訪問による指導などを行っている事業所が地域別にあります。詳しくは、下記のホームページををご覧ください。

参考ホームページ

鹿児島県こども総合療育センター

お子さまの心身の発達に関するご家族や地域からの様々な相談に応じるほか、発達障害、知的障害、肢体不自由またはその疑いのあるお子さまの外来診療や短期療育、地域の療育施設への紹介などを行う公的機関です。
※ 診療は、お住まいの市町村、保育・教育施設、福祉施設、医療機関などからの紹介が必要になります。

参考ホームページ

 

保育

就業や親の介護などの様々な理由で、保育所等を利用したいと考えるご家庭もあると思います。
全国的に見ても、看護師を配置している保育所や認定こども園のうち、医療的ケアの必要なお子さまを受け入れている施設は、まだまだ少ないのが現状です。お子さまの保育が必要なご家庭は、受入可能な保育所等がないか、お住まいの市町村の福祉担当課に問い合わせてみましょう。

 

教育

小学校へ入学する年齢のお子さまがいらっしゃるご家庭では、入学までの流れが気になるのではないでしょうか。おおまかには、次のような流れになります。

10月から11月頃 お住まいの市町村の教育委員会から就学時健康診断のお知らせが届きますので、お子さまを連れて指定された学校で健康診断を受けます。
1月頃 お住まいの市町村教育委員会から入学に関するお知らせ(就学通知)が届きます。
2月頃 就学される学校の入学説明会や体験入学に参加します。
入学説明会では、学校の決まりや必要になる物などの説明、入学式の日程について案内があります。
4月 入学式を迎えて、新一年生になります。

就学相談

お住まいの市町村で、特別な支援を必要とするお子さまがいらっしゃるご家庭を対象に、就学相談会が行われます。(実施時期については市町村で異なりますが、8月~11月に実施される場合が多いようです。)
就学相談の案内は、在席している幼稚園や保育所等を通じてありますので、希望がある場合は、在籍園等に相談しておくとよいでしょう。また、就学に関して心配なことや相談したいことがあるときには、お住まいの市町村教育委員会にお問い合わせください。
お子さまの状態に応じた細やかな教育ができるように、次のような就学先があります。

特別支援学級のある小・中学校

少人数制で、お子さまの発達や特性に応じた教育を受けます。

通級指導教室

通常の学級に在籍しながら週1~3時間程度、自校あるいは他校にある通級指導教室に通って、少人数若しくは個別に、お子さまの発達や特性に応じた指導を受けます。

特別支援学校

障がいの特性に応じて、お子さまの自立や社会参加を促すために必要な教育を受けます。(県では、養護学校という名称を使っていることが多いです。)

参考ホームページ

  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ