【医療】ひとり親家庭等医療費助成制度

ひとり親家庭等医療費助成制度

制度概要

ひとり親家庭の父または母、ひとり親家庭の父または母が扶養している児童、父母のいない児童に要する各種健康保険法における医療費を助成する制度です。事前に、市町村から受給者証(資格者証)の交付を受けるための登録が必要です。
受療した医療機関・薬局等へ受給者証(資格者証)を提示して、医療費の証明を受けた申請書を市町村へ提出すると、支払った医療費が後日払い戻されます。

※助成金の申請方法は市町村によって異なりますので、お住いの市町村にお問い合わせください。

自己負担額について

保険診療に係る自己負担額は受療した医療機関へ支払う必要がありますが、後日、登録された口座へ振り込まれます。

対象者

  • ひとり親家庭の父または母
  • ひとり親家庭の父または母が扶養している、もしくは父母のいない18歳に達する日以降の最初の3月31日までの児童等
    ※ 特別児童扶養手当2級相当以上の障害がある児童は、20歳に到達するまで対象となります。

申請に必要な書類

お住いの市町村によって必要な書類が異なりますので、詳しくは下記の参考ホームページをご覧ください。

申請窓口

市町村の保健福祉担当課または子育て支援担当課

参考ホームページ  

市町村(制度のご案内をしている市町村ホームページ)

ポイント

  • 市町村によって所得制限が異なります。
  • 児童扶養手当の申請も行いましょう。それぞれの申請に必要な書類が重複している場合は、一方を省略できることがあります。
  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ