乳幼児医療給付制度

制度概要

経済的な理由から受診を控えることによる症状の悪化を防ぐため,住民税非課税世帯の小学校入学前のお子さんを対象に,県内医療機関等における窓口負担をなくす制度です。
市町村から受給者証の交付を受け,医療機関・薬局等に提示すると,窓口負担が無料になります。

対象者

住民税非課税世帯の小学校入学前のお子さん

対象となる医療費

 保険が適用となる入院(食事の費用は除く),通院,お薬,訪問看護,柔道整復施術療養費

※ 医療機関等の窓口で受給者証の提示がない場合,県外の医療機関等を受診した場合は窓口無料の対象となりません。
 その場合は,いったん窓口で自己負担額を支払い,領収証等をお住まいの市町村に提出すると,払い戻しが受けられます。

申請に必要な書類

各市町村の申請窓口にお問い合わせください。

申請窓口

各市町村の福祉担当課または子育て支援担当課

  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ