同じ想いの方々がいることを忘れないでください

M.Aさん(17歳)のお母様
同じ想いの方々がいることを忘れないでください

未熟児で生まれた娘。「この病院では初めての症例です。」「残念だけど・・・」という言葉に、せっかくこの世に生まれてきたのに残念、障害が・・・という宣告に将来がまっ暗になりました。
母子入院、リハビリのある病院へ双子の妹と共に、3ヶ月リハ入院しました。生後3ヶ月からけいれん発作。肺炎、気管支炎と繰り返し、4歳で鼻腔、6歳で胃ろうの手術をしました。心配や不安は多いですが、子どもの生きる力、病院との関わり、訪問看護、介護を利用して日常生活を楽しく送っています。
一人で悩まず、みんなで子育てを楽しみましょう。大変なことはたくさんありますが、同じ想いの方々がいることを忘れないでください。

M.Aさん(17歳)のお母様

  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ