友人達からの応援やふれあいが心の支えになりました

【ご家族のメッセージ】S.Tさん(20歳)のお母様
友人達からの応援やふれあいが心の支えになりました

誤えん性肺炎で経管栄養になってしまいました。食べることが大好きな娘でしたので、まだまだ諦めてはいません。少しでも口から食べられるように母子訓練入院中です。
娘はリハビリ、母はチューブの挿入、吸引等の練習をしています。最初は手が震えましたが、看護師さんの指導でどうにかゆっくりとできるようになりそうです。
何よりも友人達からの応援やふれあいが心の支えになりました。

【ご家族のメッセージ】S.Tさん(20歳)のお母様

  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ