「島に帰りたい、住みたい」思いを実現するために

屋久島保健所 保健師 松永真里江
「島に帰りたい、住みたい」思いを実現するために

離島が多い鹿児島では、専門的な治療は本土の病院に通院・入院される方も少なくありません。医療的なケアをしながら自宅で過ごす子どもさんも、少しずつですが島に帰ってきています。病気や障がいがあっても、「島に帰って、家族一緒に過ごしたい」思いを実現するため、医療機関や訪問看護師、保健師がご家族と一緒に在宅療養に必要なこと考え、お手伝いさせていただきます。ひとりで頑張りすぎないで、私たちを活用してください。

屋久島保健所 保健師 松永真里江

  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ