「お互いさま、おかげさま」の心持ちで

鹿児島生協病院 院長 樋之口洋一
「お互いさま、おかげさま」の心持ちで

「この子を自宅で看られるかしら?」と、医療的ケアの必要なお子さんが退院される時は、だれだって不安になります。でも大丈夫です、かならず良い方向に向かいます。当院がこれまで訪問診療という形でお手伝いさせていただいたお子さんは20人を超えますが、どのご家族も「おうちにつれて帰って本当に良かった!」とおっしゃっています。あなたもきっとそうなります。困った時は無理をせず、私たちを含め周りの人にどうぞ遠慮なくSOSを発してください。「お互いさま、おかげさま」の心持ちで、お子さんにとっていちばん良い道をいっしょに探しましょう。

鹿児島生協病院 院長 樋之口洋一

  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ