「『今』から、未来へ」

南九州病院 地域医療連携室 医療ソーシャルワーカー 久永佳弘
「『今』から、未来へ」

お子さんの出生とともに多くの方が希望だけでなく親である責任や、未来や将来に対する不安、悩みなどを抱えておられるかと思います。また、生活に医療が必要なお子さんの場合はなおさら、考えることも多いかと思います。
人間が成長していくには、たくさんの愛情が必要です。お子さんの成長のため、そして、その年齢に応じて、家族の力だけではなく医療・保健・福祉のそれぞれの人の力や制度を上手に活用していくことも大切なポイントと考えています。「これで良いのだろうか?」など迷ったときには、遠慮なく声をお聞かせください。
私達、医療福祉相談室スタッフがお話をお伺いしながら、「今」できることは何だろうか?ということから課題の解決のお手伝いをさせていただきます。ここ「そよかぜ」に集まるたくさんの情報も一つのきっかけとして、つながり、支え合っていけるようにと考えています。

必要に応じて専門機関や地域へ支援の輪を広げ、お子さん達の素晴らしい未来をみんなで一緒に作っていきましょう。

南九州病院 地域医療連携室 医療ソーシャルワーカー 久永佳弘

  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ