【書籍案内】病気をもつ子どもと家族のための「おうちで暮らす」ガイドブックQ&A

『いざ退院!おうちで暮らす!』となったら・・
『嬉しい!』と同時に、わからないことが多いと思います。そこで、ひとまず、いろんな疑問に答えてくれそうな本のご紹介です。

例えば、“ちょっと買い物に出かけたいとき、きょうだいの保育園のお迎えなど家をあけたいとき、どうしたらよいですか?”などの質問に専門職が答えるQ&A形式で、先輩お母さんの経験談も紹介されています。

書籍名

ママとパパの声を聞いて作った!
病気をもつ子どもと家族のための「おうちで暮らす」ガイドブックQ&A
~医療的ケア・サポートが必要な子どもとの生活のヒント

書籍情報

2016年12月発行
著者:岡野 恵里香
発行所:株式会社メディカ出版
ISBNコード: 978-4-8404-5840-5

  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ