背臥位

手順 

  1. まず、こどもさんが横になるスペースにバスタオルを敷きます。
  2. バスタオルの上にこどもさんを寝かせて、バスタオルをめくって丸めたタオルをこどもさんの身体に沿って置きます。丸めたタオルが緩まないようにタオルの置き方に注意しましょう。側わんのあるこどもさんは凸側部分に先にタオルを入れた方が好ましいです。体型に合わせた床面でリラックスした姿勢が保てます。
  3. 首の部分に丸めたタオルを置きます。
    首の下にタオルを入れることで、顔を左右に動かしやすくなります。 自分で左右に動かせるこどもさんはタオルを入れなくてもよいです。
  4. 必要があれば頭(顔の側)にも丸めたタオルを置くと頭部が安定し、視線が合いやすくなります。

 

(やまびこ医療福祉センターよりご提供いただきました)

 

  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ