絵本読み

手順

  1. こどもさんの抱っこと本をめくる作業を同時にするので、お母さんたちは自分が楽な姿勢を検討してください。お母さんが安定して本読みができることは、こどもさんが安定して絵本読みに参加できることにつながります。
  2. 絵本はこどもさんの視線の先に提示しましょう。このとき台の上に本を載せるとお母さんの腕が疲れにくくなります。
  3. 読む声に抑揚をつけたり速さを変えてみたりしてみましょう。こどもさんの反応(頭や視線の動きなど)に対して、少し間をおいたり視線の方向に指さししたりしてコミュニケーションを楽しみましょう。
  4. もしこどもさんの視線を確認できる姿勢の場合は、どのページを良く見ていたか、どこで笑ったか、どんな色が好きそうかなども覚えておきましょう。
  5. 読みおわったら「おもしろかったね」などの声掛けをして、楽しい気持ちや嬉しい気持ちを共感しましょう。

 

横抱き

前抱き

(やまびこ医療福祉センターよりご提供いただきました)

  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ