頸部リラクゼーション・ストレッチ

頸(首)や肩に緊張がある場合、動きに制限がある場合、飲食物を口からのど(咽頭)に送り込んだり飲み込んだりする動きができない場合に、頸(首)や肩の動く範囲を広げるため、筋肉のリラクゼーションを行います。

動く範囲に制限がでないよう、予防的に行います。

よしの訪問看護ステーションよりご提供いただきました。

手順

  1. 頸(首)の後ろの筋肉をほぐすように、両手の指の腹でやさしくマッサージします。
  2. 両肩をほぐします。
  3. 頭を持ち上げ、頭の後ろから頸(首)の方向にかけて伸ばします。
  4. 頸(首)の後ろを、指の腹を使って軽く反動をつけながら伸ばします。
  5. 左右に向けて、頸(首)の側面を伸ばします。
  • 在宅療養の準備
  • 子どものケア
  • 医療機関・福祉施設
  • 医療・福祉制度
  • 療養生活をよりよくするための工夫
  • 早産児・低出生体重児	「すくすく」

ページトップへ

このサイトについて

鹿児島県 子ども家庭課
Copyright © Kagoshima Prefecture. All Rights Reserved.
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号(行政庁舎4階)  電話:099-286-2763 ファックス:099-286-5560

かごしま子ども在宅療養ナビ そよかぜ